ぱんだやまの映画大好き

映画の感想などを書いてみたいと思います。

映画「ゆるキャン△」

映画「ゆるキャン△」

監督:京極義昭

原作:あfろ

 

ゆるキャン△」をみてきました!
ゆるキャンの文字通りゆるゆるでやさしい空気感が好きで映画化されると聞いてムビチケ買っちゃいましたよw。でも原作のまんがは読んだことありませんm(__)m。

なんと高校生だったなでしこたちは、全員めでたく社会人に!!この設定好みがわかれるところかも?サザエさんクレヨンしんちゃんみたいにずっと高校生でいてほしい・・という気持ちもあったりなかったり・・・。とりあえず全員大人になりました。
誰も無職でフラフラしてるよ!っていう人はいなかったwいてもよかったかなぁ・・とも思うけれども(;´∀`)。

りんちゃんは小さ目出版社でローカル誌の編集してるみたい、なんと名古屋で一人暮らししています。

なでしこはA&Fみたいなキャンプ用品のお店の店員、東京都昭島市で暮してる。

ちあきは東京のイベント企画の会社を退職して山梨へUターン、山梨観光機構で働いている。あおいちゃんは小学校の先生、えなちゃんはペットトリマー!愛犬ちくわも元気なようす・・相当なご高齢?

ちあきの仕事の一環で放置されている土地をみんなでキャンプ場にしようということに!なんと・・このみんなだけで???それでいろいろあって・・ってハナシ

相変らず風景描写が美しい・・・もうこの日の出のシーンのお段階でちょっと泣きそうになる自分w


仕事もがんばりながら、キャンプ場作りにアイデアを出し合って協力し合うみんな・・
美しすぎるよ・・・もちろんだれも「めんどくさい」とか言いません(;´∀`)

すんばらしいのは、ごはん描写!!もうおいしそうだし、りんちゃんの「うまい・・」のぼそっとした感想もいい!!


キャンプ場から縄文土器の破片がみつかって、遺跡発掘することになり計画がとん挫して・・・なでしこはりんちゃんを山の温泉に誘うんだよね。
なんと本沢温泉だよ~!!行ってみたいなぁ・・あのすばらしい野天風呂に入る勇気ちょっとないけどwww。本沢温泉のサイトにもゆるキャン△出てましたよ!


土器のかけら出てきちゃうとかありそうでおもしろい、遺跡と折り合いをつけるキャンプ場・・・・行ってみたいものです。

とにかくゆるキャン△には誰もいじわるな人がいません。暴力的なシーンなんてあるわけないし、ついでに色恋沙汰もまったく皆無。大人になった誰かにいいひとが現れて・・なんて展開あろうはずもない!この潔さよ!!ゆるキャン△の世界は永遠にこうであってほしい・・

しかし、気になるのはりんちゃんが働き過ぎている様子だということ・・ここだけはもうちょっとなんとかしてあげたかった・・・。
ついでに言うとやっぱり働きながらは無理がある・・やはりみんなは高校生でキャンプ用品は高くて手が出ないからバイトして・・ってシチュエーションのほうがいいと思いました。

りんちゃんのバイクかっこいいんだけど、クライマックスであのバイクに乗るなんてファンを裏切らないのすばらしい。。

なでしこの愛車が新型ジムニーって!うらやましすぎる。お金持ちじゃないか~~!!


エンディングの曲もほんとすてきで、また泣きそうに・・
相変らずの無印良品のお店で流れているみたいなサントラも雰囲気よくっていいし。。

とにかく好きだなぁ・・って思いましたよ。

 

また連続アニメやってください。

最近は殺されたり、いじわるされたり、いじわるしたり、暴力沙汰だったり・・の映画ばっかり観ていたから、なんだか心が浄化されるような・・そんな作品でした。。(笑)

 

おしまい

 

ベイビー・ブローカー

ベイビー・ブローカー

監督・脚本・編集:是枝裕和

出演:ソン・ガンホカン・ドンウォンペ・ドゥナ

 

ご存知是枝監督のカンヌ映画国際映画祭 男優賞受賞作品
乱暴に一言で言ってしまえば、韓国版「万引き家族」って印象でしたよ。
さすがの一本であります!!


原題は「BROKER」ベイビーはありません。この素敵なポスターはカンヌ映画祭用だそうです。うう~~~んすんばらしいセンスですね!!なかなか日本人には勇気がなくてできない絵柄です。どうしても俳優出したいですからね。

物語はどうにもお金に困っちゃってる風なクリーニング店経営の男と知り合いの青年が赤ちゃんを売ってお金儲けしようとしているところに、お母さんが現れて仕方なく売りてとの取引場所に3人+赤ちゃんで行くことになるんだけど、売り手がとんでもないケチなやつらで取引不成立。他のお客を探してまた車で出かけて行く・・・人身売買の現場を押さえて現行犯逮捕しようと尾行を続ける女性刑事2名とのロードムービー的な物語。

ソン・ガンホさんの面構えが好き(笑)。今回も古びた足踏みミシンを使ってる姿とか最高にうまいです、ぎりぎりの店をやりくりしてるって感じがこのシーンでわかります。


最初はただの商品だったあかちゃん(ウソン)なんだけど、時間の経過とともに疑似家族の様相に・・・ドンスのふるさとである児童養護施設(?)のシーンから男の子が付いてきたあたりから家族旅行的な雰囲気が強くなってくる・・それとともに本当に子供を手放していいのか??という言葉にならない空気感が母親だけでなくみんなの心も動かしていく・・


警察に見張られていると気が付いて、車を捨てて列車に乗るシーンからギアが一つ上がる感じ、ここのサントラがとてもよかった。


この映画の登場人物が全員親との関係に何か抱えていて物悲しい。なによりウソンの演技力(?)ちょっとおもしろい顔してる(;´∀`)めっちゃかわいい!!って顔してないところが非常に魅力的でした。

ラストがとにかくちょっとだけ良い感じだったのがうれしかったです。

借金がどうなったのか??気になりますが。。。

坂道、海辺、雨、雨だれ、列車・・すべてが美しかったです。

おすすめであります!!

 

神は見返りを求める

神は見返りを求める

監督・脚本:吉田恵輔

出演:ムロツヨシ岸井ゆきの

   若葉竜也

 

人の良くない部分っていうか、見たくない見えてほしくない心の奥深いどす黒い場所を描くことでは日本一なのではないかという、吉田恵輔監督の作品。原作モノじゃなく脚本も吉田監督オリジナル、ただものではない。。

今回も期待を裏切らない、全員腹グロやろ~ばっかりの作品となっております(笑)。


観ている間ずーーーっとおなかの中の方がいらいらするみたいな・・・ずっと気分がよくない映画です。けれども、映画終わってみるた「あら~おもしろいじゃなぁい?」って感想になっちゃうから不思議!!

主人公のゆりちゃん(岸井ゆきの)はYouTuberとして成功したくてしたくてしょうがない、でも才能なんてなさげなふつ~~~の女の子。動画をどうしようかずっと考えながらコールセンターで働いている。同僚にも影で動画つまらないって言われてるし・・

そこに現れたイベント企画会社に勤めている普通のまじめなおじさん風おじさん、田母神(ムロツヨシ)、一生懸命なゆりちゃんの姿にときめいちゃったのかはわかりませんが、一緒に動画制作をはじめる・・・
最初は結構わきあいあいでしたが・・・だんだん様子がおかしくなって・・・・・・っておはなし・・

この微笑ましいシーンのあとに、「ヒメアノール」的な展開が待っているのではないかとどきどきしましたが、それほどの恐ろしさはなかったので、ほっとしましたよ(*´ω`*)。

再生回数、登録者数が爆上がりすると同時にどんどん見た目も性格も変化していくゆりちゃん・・そこに追い打ちをかけるように災難がふりかかる田母神、そして最悪な同僚梅川(若葉竜也)、彼ね・・ほんと観ていてイライラするんだけど、もう最高ですね・・ほんと彼みたいなの最悪なんだけど・・ちょっといそうでこわいですよ。

ゆりちゃんと一緒に動画作っていく売れっ子YouTuber・・・彼らももうほんとどうしようもないんです・・でも・・・いそうでこわい・・・・。

田母神が作ってくれたパーカー、ゆりちゃんは「ださい」って言うんだけど・・これ欲しいと思いました(*´ω`*)。

ラスト結構恐ろしい展開が待っています・・・でも、今回は控え目かな??

ムロツヨシさん、岸井ゆきのさんの演技力のパワーがはんぱない、ゆりちゃんが最初の雰囲気から変化していくのが怖かった。そしてこっそり撮影している少年もほんとこわくてうますぎでした。

ネットの恐ろしさやどんどんエスカレートしていく承認欲求!!
動画配信の闇・・・社会風刺的な一面もあって、非常に刺さる内容です。

とても恐ろしくて怖い作品ですが、そこがとてもおもしろい!

もしかしたら、今年一番おもしろいかも??です。

自分的には真黒なエンディングはちょっと物足りなかったです・・ここは最初に二人で作った”おどってみた”をフルで見たかったなぁ・・・・

 

おすすめ!!

 

ザ・ロストシティ

ザ・ロストシティ

2022年 アメリ

原題:The Lost City

監督:アダム・ニー、アーロン・ニー

出演:サンドラ・ブロックチャニング・テイタムダニエル・ラドクリフ

   ブラッド・ピット

 

とっても楽しいし、難しいこと考えないでお気楽に見られる良作であります!
しょせんB級ドタバタ映画でしょう??って思っていたけど、ところがどっこい、これは良質なB級映画ですよ!


ちょっと落ち目(?)な恋愛小説家(サンドラ・ブロック)が突然おかしな大富豪(これがハリーポッターの彼だから驚き(笑))に遺跡が眠る火山島へ連れ去られてしまう・・。モデルだけどなんだかさえないアラン(チャニング・テイタム)はちょっと怪しい知り合いジャック(ブラピ)を雇って島へ救出に行く・・という物語。

のっけからチャニング・テイタムの長髪がうける・・・この人かっこいいし、めっちゃスタイルいいんだけど、何か抜けてるような雰囲気がおもしろい。この作品ではまさにそこが当たり役!

そしてどうしようもない大富豪の息子をハリー(笑)が好演!!いや~~立派になりましたよね・・最後かわいそうな感じもまたよきです。

そして”かっこいい”という役柄に徹しているブラピ・・この逃げるシーン、突然スローになって彼は長髪をなびかせる・・・(*´ω`*)まじかっこいいから困るし・・・
出番あんまり多くないのもよい・・

とにかくサンドラ・ブロックのスタイルのよさと、かわいらしさにはびっくり、全然いやらしくないのもすばらしい!!ブーツじゃなくて登山靴を用意してあげたかった!

最後はおきまりのクライマックスですけど、そこがまた安心して観られてよいです。
久しぶりに何も考えなくても楽しめる映画に巡り合えた気がします。
エンドロールの映像もしゃれてて、もう好みすぎる(笑)。
そして、エンドロールの後にちょっとだけ映画のシーンの続きあるので、歌がはじまったからってすぐに帰ったらだめですよ。

 

午後ローで何回も放送してくれそうな作品(;´∀`)
おすすめです!!!

 

バスカヴィル家の犬

バスカヴィル家の犬

連ドラ「シャーロック」の劇場版です。
探偵バディもの、ホームズ先生でのワトソン役に岩田剛典(がんちゃん(*´ω`*))、シャーロックの獅子雄役はディーン・フジオカ氏・・キャラクターが分かりやすくて濃い感じなので、観ているのは楽ですし、目の保養にもなります(笑)。

しかし、わざわざ”バスカヴィル家の犬”にする必要があったのかははなはだ疑問。
設定がイギリス感満載なので、日本にはなじみませんし、相当無理やりな印象、他の物語でもよかったような気もしますが、有名だから致し方なし・・といったところでしょうか?

物語の設定上二人が離れ離れになっている時間が長く、バディ感が薄いのも残念ですし、江藤刑事(佐々木蔵ノ介)との絡みもほとんどないのも物足りないです。

しょっぱなから出てくる謎のリフォーム職人、広末涼子さんが、もう「わたしですよ!」オーラがはんぱなくて困りましたw

そしてなんといっても、獅子雄のバイオリンを弾いて推理をぐるぐるやっていくシーンがないのが超絶残念です!!

とはいえ、がんちゃん演じる若宮の冴えてそうで冴えてない推理や、ドタバタ加減も楽しいし、全体的には退屈しなくて面白かったです。できればもう一回連続ドラマで二人をみたいなぁ・・と思いました。

 

おしまい

ベニスに死す

ベニスに死す

BSプレミアムで久しぶりに鑑賞。

ご存知ルキノ・ビスコンティ監督の作品。なんとなんとの1971年製作!!全然古く見えないのはさすがです。

 

最初に観た時はとにかくタッジオ役のビョルン・アンドレセンさんの美しさがやばすぎで、そればっかり気にしていたから物語がよくわかりませんでした・・・(^^ゞ

その後も何回かテレビで放送されてその都度観ていましたが、難解で・・どうにも静かで眠たくなるし・・・(˘ω˘)

 

しかし、今回観てみるとなかなかどうして、おもしろかったです。
なにより世紀末的な空気がただよいまくりのベニスの造形がすばらしいし・・ホテルの人も街の人たちも何かうさんくさい・・・それに反して、大金持ちの人たちは何も気にしないで遊びまくり・・・常軌を逸しているのではないか?ってぐらい遊びまくりです・・。
そうベニスは観光が命、お客さんが来なくなったら待っているのは”死”のみなんですよ・・・
これ、今と似ています・・映画ではコロナではなくコレラの感染に恐怖し、街中は消毒液まみれ・・・・主人公の老作曲家はこの事実を知るわけです。

だから後半出てくる街のシーンが薄汚くてぬらぬらしていて暗くて怖いんですよね。

ラスト、作曲家は感染症とはまったく関係なく、持病で亡くなってしまう。。その命つきるシーンが美しい・・・海辺もきれいだし・・・ああ・・リド島行ってみたいですね・・(*´ω`*)

 

タッジオ君をみるだけでも、この映画を観る意味がある!!と言っても過言ではない!!

最後までおじさんと少年はまともに会話すらできないんですよね・・・

当たり前ですが、背景や衣装やホテルのインテリアや・・なにもかもがすばらしいです!金に糸目を付けぬ!!的な作りです(笑)。

ずーーーっと静かなマーラー交響曲が流れており、眠くならないのか??と言われれば間違いなく眠くなります(;´∀`)。

いい映画です!

おすすめ。

 

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

2016年 イギリス

原題:A Street Cat Named Bob

監督:ロジャー・スポティスウッド

 

ホームレス状態の薬物依存症治療中のストリートミュージシャンのジェームズ、ひょっこり現れた野良猫(?)の茶トラと一緒に生活していくうちに、だんだんと人生が変わっていく物語。

ストーリーに特段の出来事があるわけでもないし、突出した何かがあるわけでもないんだけど、まぁすばらしいハートフルストーリー(笑)。

何が素晴らしいって、イギリス独特の薄暗くてじめじめしている描写がよく描かれているし、家も寝る場所もなくてうろうろしている青年ジェームズの元に、役所(?)が与えてくれた部屋(結構立派な間取り)に偶然現れた茶とら・・名前はもちろんわからないから「ボブ」ってつけるんだけど、このボブの動きがすべてがいい!!

普通の街角に普通にヤクの売人がいるのも、一見普通の人たちの中に普通に麻薬が入り込んでるんだ・・って想像させてうすら寒い気分にさせてくれる。

ボブ・・どうやら本物(!)のボブだそう、この子すばらしい!まず目が綺麗、これだけきれいな目をしている猫ってめずらしい。もちろん猫は演技しないから偶然なのかどうかわからないけど、ちゃんとわかったような表情している。どうやって撮影したんだろう???
ずっと肩に乗っかってるのもすごい。

時折挟み込まれるボブ目線のカメラワークも過剰過ぎなくてよいし、知らずしらずに観ている方がボブの気持ちに寄り添ってしまう。

途中ボブがいなくなっちゃって、すごく心配して、でもある日ひょっこり部屋にもどっている・・・。もちろん挨拶もなにもなく・・ここ「よかった!!」って思わずテレビに向かって声出しちゃいました(;´∀`)。
猫って当たり前だけど、何かをしてくれるわけではない、ただそこにいるだけ・・そこにいるだけなんだけど、自然と周りの人たちを笑顔にしていったりする・・そんな様子をとても丁寧に描いている。

ラストも自然に心暖か展開で裏切らず、こういう映画もたまにはいいですね。

良作であります。

ケチをつければ日本語のタイトル「幸せのハイタッチ」はダサイと思うんだけど・・。
(=^・^=)

おすすめ